エ軍OB長谷川氏が期待 大谷翔平は「イチロー超えるかも」

公開日: 更新日:

 エンゼルスの大谷翔平(23)の“二刀流”はメジャーでも通用するのか? 地元ロサンゼルスでも興味が過熱しているようで、28日付の米紙ロサンゼルスタイムズ(電子版)は、元エンゼルスでリリーフ投手として活躍した長谷川滋利氏(49)が大谷の将来性について語ったインタビュー記事を掲載した。

「元エンゼルス長谷川滋利は、大谷翔平の今後を知っている」と題した記事で、長谷川は「イチローはマイケル・ジャクソンやマドンナのようなスーパースターだけど、もし大谷が打者と投手の両方で成功すれば、イチローを超えるかもしれない」と、その圧倒的な可能性を指摘。

 その一方で、大谷が乗り越えるべき課題をこう語った。

「ピッチングだけでもメジャーに適応するのは極めて困難なこと。ましてピッチングとバッティングの両方となれば大変だ。でも大谷はすべてをエンジョイしているみたいだ。それが大切なんだ。その瞬間を楽しむことが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る