• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

制球不安定な大谷に“メス” 首脳陣が異例のフォーム指導

 メジャーの首脳陣はよほどのことがない限り選手に技術的なアドバイスをしない。選手が相談しにきた段階で、初めて応じる。それもこうした方がよいのではないか、といった具合。基本的な技術はすでにマイナーで身に付けているという認識があるからだ。まして投球フォームにメスを入れるなんてあり得ない。

 そんなメジャーで早くもあれこれアドバイスされているのが2日(日本時間3日)のマイナー戦先発が予定されている大谷翔平(23)だ。登板前日の1日(同2日)はフォーム固めに取り組んだ。

 キャッチボールをしてノックを受けた後、外野へ球拾いに向かったが、多くの時間をフェンス目がけての壁当てに費やした。

 それでも物足りなかったか、球拾いが終わるとブルペンへ向かい、傾斜を確認しながらシャドーピッチング。何度か繰り返した後、水原通訳を捕手役とし、力を抜いた状態で16球、傾斜のない平坦で7球を投じた。水原通訳がビデオでフォームを撮影するシーンもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る