制球不安定な大谷に“メス” 首脳陣が異例のフォーム指導

公開日:  更新日:

 メジャーの首脳陣はよほどのことがない限り選手に技術的なアドバイスをしない。選手が相談しにきた段階で、初めて応じる。それもこうした方がよいのではないか、といった具合。基本的な技術はすでにマイナーで身に付けているという認識があるからだ。まして投球フォームにメスを入れるなんてあり得ない。

 そんなメジャーで早くもあれこれアドバイスされているのが2日(日本時間3日)のマイナー戦先発が予定されている大谷翔平(23)だ。登板前日の1日(同2日)はフォーム固めに取り組んだ。

 キャッチボールをしてノックを受けた後、外野へ球拾いに向かったが、多くの時間をフェンス目がけての壁当てに費やした。

 それでも物足りなかったか、球拾いが終わるとブルペンへ向かい、傾斜を確認しながらシャドーピッチング。何度か繰り返した後、水原通訳を捕手役とし、力を抜いた状態で16球、傾斜のない平坦で7球を投じた。水原通訳がビデオでフォームを撮影するシーンもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る