レッズ戦はDH出場 打者・大谷のノルマは2割8分&HR15発

公開日: 更新日:

「投手起用に関してはだいたい決まっているが、打者については柔軟に対応したい」

 エンゼルスのソーシア監督は大谷翔平(23)の二刀流起用に関してこう言っている。

 次回は打者として5日(日本時間6日)のレッズ戦に出場する。前回の野手起用は登板の2日後だったが、今回は3日後になる。他の野手にも打席を与えるためだと、ソーシア監督は説明する。

 大谷はあくまで投手中心というのがエンゼルスの基本的なスタンス。とはいえ、打つことが専門のDHのポジションを与えるわけだから、大谷のバットには期待にとどまらず計算も含まれるのは間違いない。

 何しろエンゼルスは左打者が極端に少ない。DHを除くレギュラー8人中、左打ちは外野手のカルフーンひとりだけ。左打者の大谷が、可能な限りラインアップに名を連ねるのは確実で、それなりの数字も求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る