• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レッズ戦はDH出場 打者・大谷のノルマは2割8分&HR15発

「投手起用に関してはだいたい決まっているが、打者については柔軟に対応したい」

 エンゼルスのソーシア監督は大谷翔平(23)の二刀流起用に関してこう言っている。

 次回は打者として5日(日本時間6日)のレッズ戦に出場する。前回の野手起用は登板の2日後だったが、今回は3日後になる。他の野手にも打席を与えるためだと、ソーシア監督は説明する。

 大谷はあくまで投手中心というのがエンゼルスの基本的なスタンス。とはいえ、打つことが専門のDHのポジションを与えるわけだから、大谷のバットには期待にとどまらず計算も含まれるのは間違いない。

 何しろエンゼルスは左打者が極端に少ない。DHを除くレギュラー8人中、左打ちは外野手のカルフーンひとりだけ。左打者の大谷が、可能な限りラインアップに名を連ねるのは確実で、それなりの数字も求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る