レッズ戦はDH出場 打者・大谷のノルマは2割8分&HR15発

公開日:

「投手起用に関してはだいたい決まっているが、打者については柔軟に対応したい」

 エンゼルスのソーシア監督は大谷翔平(23)の二刀流起用に関してこう言っている。

 次回は打者として5日(日本時間6日)のレッズ戦に出場する。前回の野手起用は登板の2日後だったが、今回は3日後になる。他の野手にも打席を与えるためだと、ソーシア監督は説明する。

 大谷はあくまで投手中心というのがエンゼルスの基本的なスタンス。とはいえ、打つことが専門のDHのポジションを与えるわけだから、大谷のバットには期待にとどまらず計算も含まれるのは間違いない。

 何しろエンゼルスは左打者が極端に少ない。DHを除くレギュラー8人中、左打ちは外野手のカルフーンひとりだけ。左打者の大谷が、可能な限りラインアップに名を連ねるのは確実で、それなりの数字も求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る