打者12人に8Kも…大谷2度目の実戦登板で見えた課題と進歩

公開日: 更新日:

 初登板から中5日、2度目の実戦マウンドは進化の跡もみえた。

 日本時間3日、エンゼルスの大谷翔平(23)がブルワーズとのマイナー戦(メリーベール)に先発。ストレートの最速は156キロで、カウント球としてスライダー、カーブを有効に使った。打者12人に対し計52球、3回を投げて4安打2失点。得点は許したが、5者連続を含む8奪三振。奪ったアウトはすべて三振だった。

 試合は現地の午前10時開始、12時15分に終了する特別ルールで行われた。3連打で2点を失った二回は、2アウトで打ち切りとなった。

 大谷の課題は、主にメジャーの滑りやすいボールと傾斜が急なマウンドへの対応だ。二回途中2安打2失点に終わった前回登板後に投球映像をチェックし、「(感覚の)ズレみたいなものは多少ある」と話していた。ソーシア監督が「制球を大切にしてほしい」と話していたストレートについては、「前回よりゾーンにまとまっていた」としたが、「真っすぐ、変化球の手元での力はまだ足りないと思う。たまたまストライクを取ってもらったり、空振りが取れたが、相手が変わるとどうなるかわからない。次回につなげたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る