• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打者12人に8Kも…大谷2度目の実戦登板で見えた課題と進歩

 初登板から中5日、2度目の実戦マウンドは進化の跡もみえた。

 日本時間3日、エンゼルスの大谷翔平(23)がブルワーズとのマイナー戦(メリーベール)に先発。ストレートの最速は156キロで、カウント球としてスライダー、カーブを有効に使った。打者12人に対し計52球、3回を投げて4安打2失点。得点は許したが、5者連続を含む8奪三振。奪ったアウトはすべて三振だった。

 試合は現地の午前10時開始、12時15分に終了する特別ルールで行われた。3連打で2点を失った二回は、2アウトで打ち切りとなった。

 大谷の課題は、主にメジャーの滑りやすいボールと傾斜が急なマウンドへの対応だ。二回途中2安打2失点に終わった前回登板後に投球映像をチェックし、「(感覚の)ズレみたいなものは多少ある」と話していた。ソーシア監督が「制球を大切にしてほしい」と話していたストレートについては、「前回よりゾーンにまとまっていた」としたが、「真っすぐ、変化球の手元での力はまだ足りないと思う。たまたまストライクを取ってもらったり、空振りが取れたが、相手が変わるとどうなるかわからない。次回につなげたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る