• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エンゼルスは年間20億円増収 大谷翔平の“集金力”恐るべし

「この時期にしては、チケットの売れ行きはいいね。大谷が加入した影響が大きいと思うよ」

 こう話すのは、エンゼルスのキャンプ地・ディアブロスタジアムのチケット売り場の職員だ。

 大谷翔平(23)が初先発した24日(日本時間25日)の本拠地オープニングゲームには、6000人程度の観客が詰めかけた。これは例年に比べて多い数字だという。

 チケットの値段はホームベースの真後ろにある最良の席(ホームプレートエムブイピー)で約5400円、バックネット裏は約4300円。全席の平均価格を約3200円とすると、1日で約1920万円を売り上げたことになる。

 球場のグッズショップでは、キャンプ開始直後に白が基調の大谷のレプリカユニホーム(約1万4400円)が売り切れた。漢字で「大谷翔平」とプリントされたキャップ(約3750円)や、初安打をマークした試合の写真が額に入った「ハイランドミント」(約1万2800円)など多数の「大谷グッズ」が売られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る