エンゼルスは年間20億円増収 大谷翔平の“集金力”恐るべし

公開日:

「この時期にしては、チケットの売れ行きはいいね。大谷が加入した影響が大きいと思うよ」

 こう話すのは、エンゼルスのキャンプ地・ディアブロスタジアムのチケット売り場の職員だ。

 大谷翔平(23)が初先発した24日(日本時間25日)の本拠地オープニングゲームには、6000人程度の観客が詰めかけた。これは例年に比べて多い数字だという。

 チケットの値段はホームベースの真後ろにある最良の席(ホームプレートエムブイピー)で約5400円、バックネット裏は約4300円。全席の平均価格を約3200円とすると、1日で約1920万円を売り上げたことになる。

 球場のグッズショップでは、キャンプ開始直後に白が基調の大谷のレプリカユニホーム(約1万4400円)が売り切れた。漢字で「大谷翔平」とプリントされたキャップ(約3750円)や、初安打をマークした試合の写真が額に入った「ハイランドミント」(約1万2800円)など多数の「大谷グッズ」が売られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る