• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体操女子に援軍 “ブルガリアの元妖精”振り付け指導の中身

 男子に大きく後れを取る体操女子日本代表に援軍である。

 強豪米国女子ナショナルチームの振付師であるアントニア・マルコバ氏(ブルガリア)が指導に携わっているのだ。

 18日には都内で合宿を公開。マルコバ・コーチは世界選手権(10月=ドーハ)代表の寺本明日香(22)、梶田凪(17)の2人に床の演技での身のこなしなどを身ぶり手ぶりで指導した。現役時代に新体操ナショナルチームの一員だったマルコバ・コーチの指導には定評がある。「自分の長所を生かした演技を取り入れてくれる。腕や足の動かす範囲が広がった」とは梶田だ。

 同コーチは振り付けにとどまらず、時には演技構成のアドバイスも行う。女子日本代表の塚原千恵子強化本部長によれば、日本の選手は平均台でやみくもにジャンプすることから「減点のリスクを回避する意識が甘い」とブルガリア人コーチから指摘されたそうだ。

 本場仕込みの指導を受けた女子代表はまず、世界選手権団体で3位以内に入り、東京五輪出場権獲得を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る