演技力は“3強の下” 新体操団体フェアリーJメダルへの鍵

公開日:

 新体操団体日本代表のフェアリージャパンが21日、世界選手権(9月、ブルガリア・ソフィア)に向けたメーク講習を公開。美容コーチの指導のもと、各選手の輪郭などに合わせてメークを施した。山崎浩子強化本部長は「今季のメークは15メートル離れた場所や『キッス&クライ』で見ても、キレイだと思う」と満足そうに話した。

 が、肝心の演技は現状3強(ロシア、ブルガリア、イタリア)に次ぐ2番手グループだという。

 前回17年大会(イタリア・ペーザロ)では42年ぶりに表彰台(3位)に上がった。日本の2大会連続メダル獲得は連続技の精度が鍵になる。

 今季から世界体操連盟がルールを改正し、それまで10点満点だった難度点の上限を撤廃。その分、演技の正確さを表す実施の採点基準が厳しくなった。日本は実施の加点を狙って、例えばフープは足での3本投げなど、複数の連係技を繰り出す演技構成を組んだ。

 山崎強化本部長によれば「難度点ではそれほど差がつかないと思うので、実施の勝負になる。去年に引き続き、戦える位置につけていると思う」と手応えを口にしている。本番までに精度を上げて3強の一角に食い込めるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る