• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

演技力は“3強の下” 新体操団体フェアリーJメダルへの鍵

 新体操団体日本代表のフェアリージャパンが21日、世界選手権(9月、ブルガリア・ソフィア)に向けたメーク講習を公開。美容コーチの指導のもと、各選手の輪郭などに合わせてメークを施した。山崎浩子強化本部長は「今季のメークは15メートル離れた場所や『キッス&クライ』で見ても、キレイだと思う」と満足そうに話した。

 が、肝心の演技は現状3強(ロシア、ブルガリア、イタリア)に次ぐ2番手グループだという。

 前回17年大会(イタリア・ペーザロ)では42年ぶりに表彰台(3位)に上がった。日本の2大会連続メダル獲得は連続技の精度が鍵になる。

 今季から世界体操連盟がルールを改正し、それまで10点満点だった難度点の上限を撤廃。その分、演技の正確さを表す実施の採点基準が厳しくなった。日本は実施の加点を狙って、例えばフープは足での3本投げなど、複数の連係技を繰り出す演技構成を組んだ。

 山崎強化本部長によれば「難度点ではそれほど差がつかないと思うので、実施の勝負になる。去年に引き続き、戦える位置につけていると思う」と手応えを口にしている。本番までに精度を上げて3強の一角に食い込めるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る