演技力は“3強の下” 新体操団体フェアリーJメダルへの鍵

公開日:

 新体操団体日本代表のフェアリージャパンが21日、世界選手権(9月、ブルガリア・ソフィア)に向けたメーク講習を公開。美容コーチの指導のもと、各選手の輪郭などに合わせてメークを施した。山崎浩子強化本部長は「今季のメークは15メートル離れた場所や『キッス&クライ』で見ても、キレイだと思う」と満足そうに話した。

 が、肝心の演技は現状3強(ロシア、ブルガリア、イタリア)に次ぐ2番手グループだという。

 前回17年大会(イタリア・ペーザロ)では42年ぶりに表彰台(3位)に上がった。日本の2大会連続メダル獲得は連続技の精度が鍵になる。

 今季から世界体操連盟がルールを改正し、それまで10点満点だった難度点の上限を撤廃。その分、演技の正確さを表す実施の採点基準が厳しくなった。日本は実施の加点を狙って、例えばフープは足での3本投げなど、複数の連係技を繰り出す演技構成を組んだ。

 山崎強化本部長によれば「難度点ではそれほど差がつかないと思うので、実施の勝負になる。去年に引き続き、戦える位置につけていると思う」と手応えを口にしている。本番までに精度を上げて3強の一角に食い込めるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る