日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内村が看破 白井健三“メダル量産”の源は着地の「演技力」

「着地を決めた選手が上位に行っていた。そこは大事だと分かった」

 体操世界選手権(カナダ・モントリオール)に出場した男子日本代表が10日に帰国。左足負傷で7連覇を逃した内村航平(28)が、初めてスタンドから観戦した印象をこう口にした。

 今大会は内村に代わって白井健三(21)が個人総合の銅を含む3個のメダルを獲得。得意とする種目別の床と跳馬では頂点に立った。跳馬の決勝は「勝って当たり前」(白井)のため、あえてひねりは3回半を封印。3回ひねりで臨んだ結果、技の難度を示すDスコアは決勝進出8人中、最低(5.400点)ながら、美しさや正確さを評価するEスコア(9.500点)でカバーし、14.900をマークした。Dスコアの低い白井の優勝に対し、現地では非難の声も上がったそうだが、そんなひねり王子の演技を絶賛したのが内村だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事