心揺さぶる評伝特集

公開日: 更新日:

「回顧 入江泰吉の仕事」入江泰吉・写真/入江泰吉記念奈良市写真美術館・編

 入江泰吉という名前を知らなくても、彼が撮影した奈良の風景や迫力ある仏像の写真は観光ポスターにもよく使われているため、多くの人が一度は目にしたことがあるだろう。初期から晩年に至るまで、代表作はもちろん未発表作品を含む入江作品367点を、年代別に構成して彼の写真家としての生涯が俯瞰できる本書は、生誕110年の記念となる贅沢な一冊だ。

 どこか妖艶で哀愁のある文楽人形の首、故郷奈良・大和路の悠々とした風景や市井の人々の暮らし、仏の魂との邂逅を思わせる表情豊かな仏像など、ページをめくるごとに、日本の美の発見者として生きた入江の視線の確かさが際立つ。(光村推古書院 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る

人気キーワード