心揺さぶる評伝特集

公開日: 更新日:

 その後、台湾・台北の伯母一家に預けられた1年の間に亜熱帯の蝶と出合う。

 幼少期から青年期にかけての自然との出合いは、行男の生涯を決定づけるものとなった。

 帰国後は東京で師範学校の博物科に入学し、教師の道に進んだ。しかし運命は、このまま教育熱心で山好きな教師として生涯を送る道を彼に許さなかった。博物通論の学生に課した産児制限を論じさせる試験内容が問題となったことや、八ケ岳で遭難未遂事件を起こしたことを契機に、校長から免職の辞令を受けてしまったからだ。

 父母の死、度重なる転居、失職、戦争による建物疎開と、行男の生涯には常に予期せぬ困難がつきまとう。

 しかし、どこに行っても彼は自然を慈しむ視線は失わなかった。安曇野への疎開を契機に、行男は蝶の細密画を精力的に描き、一人で山歩きをするなかでナチュラリストとしての道を本格的に歩み始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る

人気キーワード