「エベレスト初登頂」ジョン・ハント著、吉田薫訳

公開日:

 1953年5月29日、エドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイが世界初のエベレスト登頂に成功。本書は、総勢50人を超えるイギリス遠征隊を率いて、彼らを頂上に立たせた隊長が、その偉業に至るまでのすべてをつづった名作山岳ノンフィクションの復刻版。

 1921年から始まった世界最高峰への挑戦は、それまで大規模な遠征が11回行われ、そのうち3回で頂上まで300メートルの地点に迫った。その未知で困難な300メートルを征服するため、軍人だった著者は高名な登山家に代わって隊長に招聘される。隊員の人選から、周到な準備、そしてカトマンズからエベレスト山頂に至るまでの全行程を、2人をサポートした隠れた英雄たちにも光を当て克明に描いた名著。(エイアンドエフ 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る