「エベレスト初登頂」ジョン・ハント著、吉田薫訳

公開日:

 1953年5月29日、エドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイが世界初のエベレスト登頂に成功。本書は、総勢50人を超えるイギリス遠征隊を率いて、彼らを頂上に立たせた隊長が、その偉業に至るまでのすべてをつづった名作山岳ノンフィクションの復刻版。

 1921年から始まった世界最高峰への挑戦は、それまで大規模な遠征が11回行われ、そのうち3回で頂上まで300メートルの地点に迫った。その未知で困難な300メートルを征服するため、軍人だった著者は高名な登山家に代わって隊長に招聘される。隊員の人選から、周到な準備、そしてカトマンズからエベレスト山頂に至るまでの全行程を、2人をサポートした隠れた英雄たちにも光を当て克明に描いた名著。(エイアンドエフ 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る