• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「21世紀の戦争テクノロジー」エヴァレット・カール・ドルマン著、桃井緑美子訳

 著者は米国国家安全保障局のアナリストを務めた後、ペンシルベニア大学で世界宇宙システムと政策を中心に国際関係を学び、現在はアメリカ空軍大学で教えている。本書の原題は「科学は戦争を終わらせられるか」。火薬の発明から核兵器の開発にいたる科学と戦争の歩みをたどりながら、はたして科学は戦争をなくすことができるのかを問うている。

 さまざまな検証を経て「科学は戦争を根絶できない」という結論に至るのだが、注目すべきは「未来の戦争」がどうなるかの考察だ。3Dプリンターによる兵器製造、人工感染症の開発、DNA操作による人体改造(痛みや恐怖の排除、筋力の増強など)、軍事用ロボットの実現化、宇宙からのレーザー攻撃……。これらはすでに実戦に用いられているものや試作段階のものなど、決して架空のものではないという。

 著者は戦争の有効な抑止力としてリベラルな民主主義を挙げているが、最大の民主主義国家に専制の影が見える現在、予断は許されない。(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る