「科学報道の真相」瀬川至朗著

公開日: 更新日:

 近年の事例を題材に、科学報道が抱える構造的問題を考察したテキスト。

 福島第1原発事故ではマスメディアは連日、事故の最前線を取材し報道したが、人々の不信は募るばかりだった。政府や東京電力の会見などの「発表報道」に終始し、炉心融解など最悪のシナリオを語ることを避けているように感じたからだ。伝えて欲しいことが伝わってこないため、そこになにかの統制が働いているのではないかと読者や視聴者は疑った。こうした経緯を振り返り、科学報道が発表報道を克服できるか考える。さらにその3年後に起きたSTAP細胞報道、そして地球温暖化問題を巡る報道などを検証。

 科学報道の舞台裏を解説しながら、その問題点を分析する。(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る