「科学報道の真相」瀬川至朗著

公開日:

 近年の事例を題材に、科学報道が抱える構造的問題を考察したテキスト。

 福島第1原発事故ではマスメディアは連日、事故の最前線を取材し報道したが、人々の不信は募るばかりだった。政府や東京電力の会見などの「発表報道」に終始し、炉心融解など最悪のシナリオを語ることを避けているように感じたからだ。伝えて欲しいことが伝わってこないため、そこになにかの統制が働いているのではないかと読者や視聴者は疑った。こうした経緯を振り返り、科学報道が発表報道を克服できるか考える。さらにその3年後に起きたSTAP細胞報道、そして地球温暖化問題を巡る報道などを検証。

 科学報道の舞台裏を解説しながら、その問題点を分析する。(筑摩書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る