日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失踪者」(上・下) シャルロッテ・リンク著 浅井晶子訳

 ドイツ本国で210万部超の大ベストセラーと帯にある。だからといって日本の読者にも面白いとは限らない、ということを私たちは知っているが、これは疑ったことを反省する。上下2巻を一気読みする面白さだ。

 5年前に失踪した女性エレインを捜す物語である。捜すのは幼なじみのロザンナだ。彼女はジャーナリズムの世界に復帰したいと考えて、この探索の仕事を引き受ける。まず会いにいくのは、エレインが失踪する前夜、一緒にいた弁護士だ。彼はそのために疑われ、仕事も家庭も失ってしまった。もう思い出したくもないだろうから会ってくれないかもしれないが、ここからスタートするしかない。エレインの兄ジェフリーは、その弁護士を今でも疑っている。

 というふうに展開していくミステリーだが、この長編にどんどん引き込まれていくのは、構成が群を抜いているからである。たとえば、途中からある女性が登場して、どうやら男から逃げているらしいのだが、この挿話がメーンの物語とどう関係しているのかがわからないのだ。しかも彼女の正体が明らかになった後も、謎は膨らんでいくから、うまい。

 仕事に復帰したいロザンナと夫の確執、夫の連れ子ロバートの孤独と反抗、ロザンナの兄セドリック(38歳で無職)のさまざまな問題など、人間ドラマがうねるようにつながっていくから目が離せない。これほど読みやすいミステリーも珍しい。(東京創元社 各1260円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事