「臨終の七不思議」志賀貢著

公開日: 更新日:

 臨床医として数千人の患者をみとってきた著者は、臨終が近づくとさまざまな現象が起こることに気が付いた。一時的に病気など症状がよくなる「中治り」、人間の臨終を察して患者のそばからペットが離れなくなる、男も女も助平になる、そして「お迎え」現象だ。

 臨終を前にした患者にしばしば起こる現象で、ほとんどの人が「親族が会いに来た」「会った」などと言うそうだ。体や脳の機能低下によって起こる現象だが、最期に会いたかった人に会わせてくれる脳の粋な機能だ、と著者は解釈する。

 臨終に立ち会うべきか、自分の死期は悟れるのかなど臨終の不思議についてつづりながら、幸せな最期を迎えるための知恵を伝授する。(三五館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る