「臨終の七不思議」志賀貢著

公開日: 更新日:

 臨床医として数千人の患者をみとってきた著者は、臨終が近づくとさまざまな現象が起こることに気が付いた。一時的に病気など症状がよくなる「中治り」、人間の臨終を察して患者のそばからペットが離れなくなる、男も女も助平になる、そして「お迎え」現象だ。

 臨終を前にした患者にしばしば起こる現象で、ほとんどの人が「親族が会いに来た」「会った」などと言うそうだ。体や脳の機能低下によって起こる現象だが、最期に会いたかった人に会わせてくれる脳の粋な機能だ、と著者は解釈する。

 臨終に立ち会うべきか、自分の死期は悟れるのかなど臨終の不思議についてつづりながら、幸せな最期を迎えるための知恵を伝授する。(三五館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る