• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「正社員消滅」竹信三恵子著

 今や非正規雇用は4割を超え、社会に出ようとする若者に「正社員」は高根の花となり、限られた正社員のポストを求める「椅子取りゲーム」が幼児のころから始まっている。

 一方で、正社員の地位も変質。人々の思いにつけ込み、非正社員並みの待遇にもかかわらず、無期雇用というだけで、正社員を標榜する会社が出現している。極端な長時間労働や家庭生活に配慮しない転勤や配置換えも正社員を理由に正当化されている。今、日本の社会は、非正社員の増加とともに、正社員であることが「安定と安心の生活」を全く担保しなくなったという意味での正社員消滅に直面している。

 正社員が消えた現場で何が起きているのかを取材し、労働者が働き方や生活を守るために何が必要なのかを考える警世の書。(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る