「正社員消滅」竹信三恵子著

公開日:

 今や非正規雇用は4割を超え、社会に出ようとする若者に「正社員」は高根の花となり、限られた正社員のポストを求める「椅子取りゲーム」が幼児のころから始まっている。

 一方で、正社員の地位も変質。人々の思いにつけ込み、非正社員並みの待遇にもかかわらず、無期雇用というだけで、正社員を標榜する会社が出現している。極端な長時間労働や家庭生活に配慮しない転勤や配置換えも正社員を理由に正当化されている。今、日本の社会は、非正社員の増加とともに、正社員であることが「安定と安心の生活」を全く担保しなくなったという意味での正社員消滅に直面している。

 正社員が消えた現場で何が起きているのかを取材し、労働者が働き方や生活を守るために何が必要なのかを考える警世の書。(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る