「優しき悪霊」輪渡颯介著

公開日: 更新日:

 麻布・宮下町の長屋に住む子どもたちは、毎朝、祠をお参りするのが日課だ。早起きするのは構わないが、お参りをすると、「幽霊が分かるようになってしまう」のが困りものだ。しかも「幽霊の姿が見える」「声や音が聞こえる」「臭いを感じる」の3つに分かれてやってくる。

 ある日、12歳の忠治たち4人は、空き家となった店でかくれんぼうをしていた。すると銀太が「臭い」と言い出した。留次郎も知らない男の声で「おとじろう」と囁くのを聞いたという。その翌日、店の娘と縁談話が持ち上がったあと、行方不明になっていた番頭の儀助が店の裏山から死体で発見され――。

 霊の存在に慌てながらも謎の解決に挑む少年4人の幽霊事件簿。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る