「ビジュアル 大和言葉辞典」大和心研究会著

公開日:  更新日:

 日本古来の言葉である「大和言葉」を、古典文学と四季折々の美しい写真とともに解説する辞典。

 学校で誰もが習う清少納言の「枕草子」の「春はあけぼの」は、ご存じのように「夜がほのぼのと明け始めるころ」を指す言葉である。同じように夜明け方の空がほんのりと明るくなったころを指す「朝ぼらけ」という言葉もある。こちらは、「あけぼの」よりも少し遅い時間帯を表すそうだ。

 また枕草子の印象であけぼのは春に使用されるのが多く、朝ぼらけは秋や冬に使われることが多い。その他、「あたらよ」(美しい月の夜)や「こいぼたる」(恋焦がれる気持ち)など、日本の風土や日本人の繊細さが生み出した120の大和言葉を取り上げ、その美しさや豊かさを紹介する。(大和書房 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る