「ぼくの週プロ青春記」小島和宏著

公開日: 更新日:

 プロレス専門誌「週刊プロレス」の記者として、同誌の黄金時代を築いた著者が、当時を振り返る青春ドキュメント。

 中3の夏休み、週プロの創刊号を手にして「これは天職かもしれない」と感じた著者は、卒業文集に将来の夢として「週プロの記者になる」と記す。高校時代には毎週のように読者ページに投稿を重ね、編集部近くの大学に進学。するとチャンスは意外にも早くやってきた。大学1年生の秋、投稿者と担当記者との懇親会の席で猛アピールした結果、編集部にアルバイトとして出入りすることになったのだ。その3カ月後、昭和最後の週(1989年)には記者デビューを果たし、以後、青春時代のすべてを捧げることになる怒涛の記者生活が始まる。

(朝日新聞出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る

人気キーワード