「ぼくの週プロ青春記」小島和宏著

公開日: 更新日:

 プロレス専門誌「週刊プロレス」の記者として、同誌の黄金時代を築いた著者が、当時を振り返る青春ドキュメント。

 中3の夏休み、週プロの創刊号を手にして「これは天職かもしれない」と感じた著者は、卒業文集に将来の夢として「週プロの記者になる」と記す。高校時代には毎週のように読者ページに投稿を重ね、編集部近くの大学に進学。するとチャンスは意外にも早くやってきた。大学1年生の秋、投稿者と担当記者との懇親会の席で猛アピールした結果、編集部にアルバイトとして出入りすることになったのだ。その3カ月後、昭和最後の週(1989年)には記者デビューを果たし、以後、青春時代のすべてを捧げることになる怒涛の記者生活が始まる。

(朝日新聞出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る