良質作品が目白押し ミニシアターで楽しむ“大人の夏休み”

公開日:  更新日:

 今年は夏の映画興行が熱い。「GODZILLA ゴジラ」「思い出のマーニー」「るろうに剣心 京都大火編」「STAND BY ME ドラえもん」「ホットロード」など大ヒット作が目白押し。だが、好調なのは、これら名の知れた全国規模の作品ばかりではない。

 単館系といわれ、目に触れる機会の少ない作品を上映する都内のミニシアターでも、好調さが続いている。

 いずれの劇場も共通点がある。クオリティーの高い作品が多く、目の肥えた大人の観客を動員しているのだ。

 特に好調なのがシネスイッチ銀座。2スクリーンを擁し、現在はどちらもインド映画を上映中。「マダム・イン・ニューヨーク」と「めぐり逢わせの弁当」で、この2作品ともヒット。
「マダム――」はすでに公開8週目になるが、依然客足は衰えない。ニューヨークを舞台にした英語ができないインド女性の物話が、多くの共感を得ているためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る