良質作品が目白押し ミニシアターで楽しむ“大人の夏休み”

公開日: 更新日:

 今年は夏の映画興行が熱い。「GODZILLA ゴジラ」「思い出のマーニー」「るろうに剣心 京都大火編」「STAND BY ME ドラえもん」「ホットロード」など大ヒット作が目白押し。だが、好調なのは、これら名の知れた全国規模の作品ばかりではない。

 単館系といわれ、目に触れる機会の少ない作品を上映する都内のミニシアターでも、好調さが続いている。

 いずれの劇場も共通点がある。クオリティーの高い作品が多く、目の肥えた大人の観客を動員しているのだ。

 特に好調なのがシネスイッチ銀座。2スクリーンを擁し、現在はどちらもインド映画を上映中。「マダム・イン・ニューヨーク」と「めぐり逢わせの弁当」で、この2作品ともヒット。
「マダム――」はすでに公開8週目になるが、依然客足は衰えない。ニューヨークを舞台にした英語ができないインド女性の物話が、多くの共感を得ているためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る