大人の「ドラえもん」ヒットの理由は山崎貴監督のCG描写力

公開日:  更新日:

 映画界におけるヒットメーカーの地位は、一層揺るぎないものになったといっていい。山崎貴監督である。山崎と八木竜一の2人が共同監督を務めた「STAND BY ME ドラえもん」が、大ヒットのスタートを切ったのである。

 本作は、毎年春に公開される定番アニメの「ドラえもん」ではない。3DCGアニメとして製作され、れっきとした大人向けの作品なのだ。これがスタート3日間で興収10億円前後を記録し、最終で50億円も夢ではなくなった。

 この大ヒットでがぜん注目の的になっているのが、共同監督のひとり、山崎監督だ。山崎監督といえば、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズ(3本)はじめ、木村拓哉の「ヤマト」、今年正月の「永遠の0」などの大ヒットで知られる。

 この5本に「ドラえもん」が新たに加わったことでマネーメーキングもすごい。何せ、先の5本と「ドラえもん」を入れると、累計では推定興収300億円近くを稼ぎ出すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る