大人の「ドラえもん」ヒットの理由は山崎貴監督のCG描写力

公開日: 更新日:

 映画界におけるヒットメーカーの地位は、一層揺るぎないものになったといっていい。山崎貴監督である。山崎と八木竜一の2人が共同監督を務めた「STAND BY ME ドラえもん」が、大ヒットのスタートを切ったのである。

 本作は、毎年春に公開される定番アニメの「ドラえもん」ではない。3DCGアニメとして製作され、れっきとした大人向けの作品なのだ。これがスタート3日間で興収10億円前後を記録し、最終で50億円も夢ではなくなった。

 この大ヒットでがぜん注目の的になっているのが、共同監督のひとり、山崎監督だ。山崎監督といえば、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズ(3本)はじめ、木村拓哉の「ヤマト」、今年正月の「永遠の0」などの大ヒットで知られる。

 この5本に「ドラえもん」が新たに加わったことでマネーメーキングもすごい。何せ、先の5本と「ドラえもん」を入れると、累計では推定興収300億円近くを稼ぎ出すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    巨人は来オフ燕・山田哲狙いか “キーマン”吉川尚に正念場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る