• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脱あまちゃん成功 能年玲奈「ホットロード」評論家が称賛

「存在感は大画面でこそ映える」

 14日の試写会は開映40分前に満席となる異例の事態に。マスコミ関係者がこぞって押し掛けたのは、能年玲奈(20)主演の映画「ホットロード」(8月16日公開)である。

 能年にとっては昨年のNHK朝ドラ「あまちゃん」以来の主演作。その成否は今後の女優生命を左右しかねない重要な作品といわれてきた。

 というのも、「あまちゃん」は異常な盛り上がりを見せた国民的ドラマだけに、「能年」=「天野アキ」という刷り込みは強烈。生半可な作品では、染みついたイメージを払拭することができないからである。もしコケたら、“「あまちゃん」一発女優”の烙印(らくいん)を押されかねないリスクを秘める中、能年サイドが吟味の末に選んだのがこの「ホットロード」だ。

 原作は1980年代に若者を魅了し、全4巻800万部を発行した伝説的な同名漫画。これまで何度も実写化を望む声が上がったが、原作者が首を縦に振らず、見送られてきた。能年は初めて原作者のお眼鏡にかなった女優というわけだ。その重圧たるやだが、果たして作品のデキはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る