脱あまちゃん成功 能年玲奈「ホットロード」評論家が称賛

公開日: 更新日:

「存在感は大画面でこそ映える」

 14日の試写会は開映40分前に満席となる異例の事態に。マスコミ関係者がこぞって押し掛けたのは、能年玲奈(20)主演の映画「ホットロード」(8月16日公開)である。

 能年にとっては昨年のNHK朝ドラ「あまちゃん」以来の主演作。その成否は今後の女優生命を左右しかねない重要な作品といわれてきた。

 というのも、「あまちゃん」は異常な盛り上がりを見せた国民的ドラマだけに、「能年」=「天野アキ」という刷り込みは強烈。生半可な作品では、染みついたイメージを払拭することができないからである。もしコケたら、“「あまちゃん」一発女優”の烙印(らくいん)を押されかねないリスクを秘める中、能年サイドが吟味の末に選んだのがこの「ホットロード」だ。

 原作は1980年代に若者を魅了し、全4巻800万部を発行した伝説的な同名漫画。これまで何度も実写化を望む声が上がったが、原作者が首を縦に振らず、見送られてきた。能年は初めて原作者のお眼鏡にかなった女優というわけだ。その重圧たるやだが、果たして作品のデキはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る