出足好調だが…ハリウッド版「GODZILLA」5つの疑問

公開日: 更新日:

 ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」が満を持して先週、公開された。スタート3日間では7億円近い興収を記録し、40億円も狙える。出足は好調だけど……。

(1)大きく株を上げた渡辺謙

 ゴジラ映画というよりも「ゴジラ」は渡辺謙の映画だ。記念すべきゴジラ映画1作目で、亡き平田昭彦が演じた芹沢博士とまったく同じ役名で出ている。渡辺版芹沢は父親が広島で被爆したこともあり、原子力には批判的で、最後までゴジラや別の怪獣への米国側の核攻撃に反対する。ゴジラにも並々ならぬ愛着を見せるなど、日本人俳優だからこそ演じられる役柄。見事と評判だ。

(2)水爆、原発で幅広い層にアピール

 今のところ、客層の中心は年配者だが、劇場では若い層も目につく。要するに、かつてのゴジラを知らない世代も興味を持っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る