出足好調だが…ハリウッド版「GODZILLA」5つの疑問

公開日: 更新日:

 ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」が満を持して先週、公開された。スタート3日間では7億円近い興収を記録し、40億円も狙える。出足は好調だけど……。

(1)大きく株を上げた渡辺謙

 ゴジラ映画というよりも「ゴジラ」は渡辺謙の映画だ。記念すべきゴジラ映画1作目で、亡き平田昭彦が演じた芹沢博士とまったく同じ役名で出ている。渡辺版芹沢は父親が広島で被爆したこともあり、原子力には批判的で、最後までゴジラや別の怪獣への米国側の核攻撃に反対する。ゴジラにも並々ならぬ愛着を見せるなど、日本人俳優だからこそ演じられる役柄。見事と評判だ。

(2)水爆、原発で幅広い層にアピール

 今のところ、客層の中心は年配者だが、劇場では若い層も目につく。要するに、かつてのゴジラを知らない世代も興味を持っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  6. 6

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  7. 7

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  8. 8

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  9. 9

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  10. 10

    全米が称賛! イジメに気づいた幼稚園の先生が取った行動

もっと見る