日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪前に“予選落ち”寸前 伸びない7月ドラマは何が原因?

 7月クールのドラマは視聴率が伸び悩んでいるが、リオ五輪が始まる前に“予選落ち”寸前のドラマは3本。

 向井理が主演の「神の舌を持つ男」(TBS系)は3回放送の平均視聴率が6%ちょっとでゴールデン・プライムタイムでは最下位。“向井ブランド”の劣化ぶりが激しい。

「時をかける少女」(日本テレビ系)は初回こそ9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったが、第2話6.6%、第3話は初回の半分以下の4.6%にまでダウン。この急落ぶりはすごい。

「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)は松嶋菜々子の3年ぶりの主演ドラマで、今クールの一番の“期待株”。しかし、初回10.2%、第2話が7.7%と平均ではあっさり10%を割ってしまった。

 なぜ数字がついてこないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事