月9で三浦翔平とキス 菜々緒の“悪女役”マンネリ化懸念も

公開日: 更新日:

 桐谷美玲主演の「好きな人がいること」の初回視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、凋落気味の“月9”としては「ギリギリセーフ」のスタートを切った。しかも第2話でも、大コケした前2作のように1ケタ視聴率に転落することなく、10.4%と微増を達成。その原動力になったとされるのが「現代のナンバーワン悪女女優」、菜々緒だ。

「第1話ではほんの少ししか出番がなかった菜々緒が、第2話では桐谷に見せつけるかのように三浦翔平から半ば強引にキスを奪い、持ち前の悪女ぶりを発揮しました。ツイッターでは即座に“菜々緒”“三浦翔平”がトレンド入りし、視聴者獲得に大いに貢献しました」(テレビ雑誌記者)

 菜々緒の“貢献度”はそれだけではない。写真共有アプリ「インスタグラム」に、共演者との写真をせっせと投稿して番宣に協力しているのだ。特に話題となったのは、三浦翔平とガッツポーズするツーショット写真をアップして、「私が出ますが、サスペンスではありません」「殺人は起きませんので来週からも安心してご覧ください」と、悪女役イメージを逆手に取ったコメントで笑いを取った。さらに、三浦のインスタグラムに登場し、ミニスカートの奥が見えそうなきわどいショットを披露して話題づくりに貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る