• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

月9で三浦翔平とキス 菜々緒の“悪女役”マンネリ化懸念も

 桐谷美玲主演の「好きな人がいること」の初回視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、凋落気味の“月9”としては「ギリギリセーフ」のスタートを切った。しかも第2話でも、大コケした前2作のように1ケタ視聴率に転落することなく、10.4%と微増を達成。その原動力になったとされるのが「現代のナンバーワン悪女女優」、菜々緒だ。

「第1話ではほんの少ししか出番がなかった菜々緒が、第2話では桐谷に見せつけるかのように三浦翔平から半ば強引にキスを奪い、持ち前の悪女ぶりを発揮しました。ツイッターでは即座に“菜々緒”“三浦翔平”がトレンド入りし、視聴者獲得に大いに貢献しました」(テレビ雑誌記者)

 菜々緒の“貢献度”はそれだけではない。写真共有アプリ「インスタグラム」に、共演者との写真をせっせと投稿して番宣に協力しているのだ。特に話題となったのは、三浦翔平とガッツポーズするツーショット写真をアップして、「私が出ますが、サスペンスではありません」「殺人は起きませんので来週からも安心してご覧ください」と、悪女役イメージを逆手に取ったコメントで笑いを取った。さらに、三浦のインスタグラムに登場し、ミニスカートの奥が見えそうなきわどいショットを披露して話題づくりに貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る