ドラマで浮く 関ジャニ∞横山裕はアクションで挽回なるか

公開日:  更新日:

 毎クール「火10対決」と話題になる、フジテレビ系とTBS系のドラマの視聴率対決は、まず初回放送では、フジの「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、9.3%だったTBSの「せいせいするほど、愛してる」を僅差で制した。

 続く第2話ではその差を1.8%に、3話目も1.5%と広げ、民放連ドラ初主演となる波瑠(25)が、連続ドラマでは先輩格の武井咲(22)に勝利したとされている。この主演女優対決の裏で注目されたのが、それぞれで相手役を務める関ジャニ∞の横山裕(35)とタッキーこと滝沢秀明(34)の“ジャニーズ対決”だった。

 祝勝ムードのフジテレビの中でも、もろ手を挙げて喜べないのが横山。というのも、放送直後から横山の演技に対して、ネット上に不満の声が並んでしまったからだ。

「ファンとおぼしき女性たちの声は“横山クン、カッコイイ”一色でしたが、ファン以外からは厳しい声が多かった。“たばこを吸うシーンがまるでチンピラ刑事”“バラエティーでのコントに見えてしまった”“シリアスなドラマの中で一人だけ浮いていた”と散々でした。横山の演技力には定評がありますが、今回は慣れない標準語でのセリフ回しがぎこちなかったのは確か。その辺は横山もよく分かっており、雪辱に燃えています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る