ドラマで浮く 関ジャニ∞横山裕はアクションで挽回なるか

公開日:  更新日:

 毎クール「火10対決」と話題になる、フジテレビ系とTBS系のドラマの視聴率対決は、まず初回放送では、フジの「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、9.3%だったTBSの「せいせいするほど、愛してる」を僅差で制した。

 続く第2話ではその差を1.8%に、3話目も1.5%と広げ、民放連ドラ初主演となる波瑠(25)が、連続ドラマでは先輩格の武井咲(22)に勝利したとされている。この主演女優対決の裏で注目されたのが、それぞれで相手役を務める関ジャニ∞の横山裕(35)とタッキーこと滝沢秀明(34)の“ジャニーズ対決”だった。

 祝勝ムードのフジテレビの中でも、もろ手を挙げて喜べないのが横山。というのも、放送直後から横山の演技に対して、ネット上に不満の声が並んでしまったからだ。

「ファンとおぼしき女性たちの声は“横山クン、カッコイイ”一色でしたが、ファン以外からは厳しい声が多かった。“たばこを吸うシーンがまるでチンピラ刑事”“バラエティーでのコントに見えてしまった”“シリアスなドラマの中で一人だけ浮いていた”と散々でした。横山の演技力には定評がありますが、今回は慣れない標準語でのセリフ回しがぎこちなかったのは確か。その辺は横山もよく分かっており、雪辱に燃えています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る