イモトアヤコが女優覚醒 ドラマ「家売るオンナ」で存在感

公開日: 更新日:

 DAIGOとの結婚後、初めて北川景子が主演する連続ドラマ「家売るオンナ」が、好調なスタートを切っている。初回視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は今期ドラマの首位。続く第2話でも10.1%と2桁を維持している。

 超美人のスーパー不動産営業ウーマンに扮する北川景子の、「家政婦のミタ」の松嶋菜々子や「ドクターX」の米倉涼子をほうふつとさせる演技にスポットライトが当たっている中で、存在感を高めているのが連ドラ初出演となる女芸人のイモトアヤコだ。

 イモトの役柄は、北川が赴任してきた不動産営業所の新人で、いまだ売り上げゼロのダメダメ営業ウーマン。トレードマークの太い眉やセーラー服を捨てての演技に、ドラマスタート直後には「イモトだとは気付かなかった」というツイートも散見したが、すぐに好意的なツイートがあふれた。

 ドラマ内では、北川扮するスーパー不動産屋からアポを取るまで家に帰るなと鍵を奪われ、サンドイッチマンになって街でアポ取ってこいとまで命じられる。それでもサボっている途中で偶然に内見のアポが取れて大喜びで報告するも、すっぽかされる。そんなダメ新人役を器用に演じ、「イモトのドラマへの馴染み方がすごい」「イモト、完璧に女優じゃん!」など絶賛ツイートが並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る