日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体当たり演技酷評 木村文乃「神の舌を持つ男」は試練の時

 大ヒットしたドラマ「TRICK」や「SPEC」の生みの親である堤幸彦が「構想に20年費やした」と自信を持って演出を担当したのが、向井理主演ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)。今クールのドラマで最も下馬評が高かったにもかかわらず、スタート直後から救いようのないコケ方をしてしまった。

 何しろ初回視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でドラマ満足度2.81(テレビウォッチャー調べ)も最低レベルで、高満足度の基準値3.8を大きく下回ってしまったのだ。

 ネットでは脚本や演出、主演した向井理(34)の“舌”の演技に対して酷評が並んだが、特に“超美人なのに性格は最悪下品”な古物商役を演じる木村文乃(28)に批判が殺到。その多くが、木村のオーバーアクションと自由すぎるセリフが「ただウザイだけ」「木村文乃は好きだけど、この演技は寒すぎる」と期待外れだったという意見が並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事