体当たり演技酷評 木村文乃「神の舌を持つ男」は試練の時

公開日: 更新日:

 大ヒットしたドラマ「TRICK」や「SPEC」の生みの親である堤幸彦が「構想に20年費やした」と自信を持って演出を担当したのが、向井理主演ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)。今クールのドラマで最も下馬評が高かったにもかかわらず、スタート直後から救いようのないコケ方をしてしまった。

 何しろ初回視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でドラマ満足度2.81(テレビウォッチャー調べ)も最低レベルで、高満足度の基準値3.8を大きく下回ってしまったのだ。

 ネットでは脚本や演出、主演した向井理(34)の“舌”の演技に対して酷評が並んだが、特に“超美人なのに性格は最悪下品”な古物商役を演じる木村文乃(28)に批判が殺到。その多くが、木村のオーバーアクションと自由すぎるセリフが「ただウザイだけ」「木村文乃は好きだけど、この演技は寒すぎる」と期待外れだったという意見が並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る