体当たり演技酷評 木村文乃「神の舌を持つ男」は試練の時

公開日:  更新日:

 大ヒットしたドラマ「TRICK」や「SPEC」の生みの親である堤幸彦が「構想に20年費やした」と自信を持って演出を担当したのが、向井理主演ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系)。今クールのドラマで最も下馬評が高かったにもかかわらず、スタート直後から救いようのないコケ方をしてしまった。

 何しろ初回視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でドラマ満足度2.81(テレビウォッチャー調べ)も最低レベルで、高満足度の基準値3.8を大きく下回ってしまったのだ。

 ネットでは脚本や演出、主演した向井理(34)の“舌”の演技に対して酷評が並んだが、特に“超美人なのに性格は最悪下品”な古物商役を演じる木村文乃(28)に批判が殺到。その多くが、木村のオーバーアクションと自由すぎるセリフが「ただウザイだけ」「木村文乃は好きだけど、この演技は寒すぎる」と期待外れだったという意見が並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る