関東でも全戦高視聴率 日本シリーズに全国が熱狂する理由

公開日: 更新日:

 日本シリーズが高視聴率をはじき出している。

 地元は驚異的だ。札幌地区は22日の第1戦が40.4%(ビデオリサーチ調べ。以下、数字は同)、翌第2戦が33.2%。舞台が北海道に移ってからも30%台。

 広島地区はさらに高く、第1、第2戦ともに53.8%。25日の第3戦は黒田登板効果で59.6%を記録した。

 この両地区の高視聴率は予想できたが、関東地区も第1戦18.5%に始まり、第3戦17.5%、第4戦15.9%、第5戦が17.4%と好調。昨年のソフトバンクヤクルトが3戦目までヒト桁だったことを考えれば、大成功といえる結果だ。

 このところ低調続きで今回も「どうせ広島と札幌地区だけのバブルでしょ」と白けていたテレビ関係者も、今回は嘘のような盛り上がりぶり。広島・黒田、日本ハム・大谷というヒーローの存在だけでは説明がつかないという声もあって……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る