古舘かタモリか 司会も“SMAP次第”ドタバタ紅白の舞台ウラ

公開日:

 近年、まれにみる混乱ぶりではないか。今年のNHK紅白歌合戦のことだ。

 24日の放送総局長定例会見でも、総合司会やSMAP出演に関して「まだ決まっておりません」と話すにとどまった。関係者の間では「SMAPが出るなら司会はタモリ。出ないなら古舘伊知郎」との見方が有力になってきている。

 やはり、すべては“SMAP次第”というのは変わらないようだ。

「どうやら、SMAPをあきらめきれないNHKサイドが、選定作業を“仕切り直した”ようなんです。SMAPが出場するとなれば、昨年7枠もあった『ジャニーズ枠』がさらに増える可能性がある。そうなれば、出場が内定していたのに、“あぶれる”歌手が出てきます」(レコード会社関係者)

 紅白報道はスポーツ紙の“見せ場”のはずだが、今年はどこも出場歌手の当確情報を報じていない。唯一、日刊スポーツが18日に大ヒット映画「君の名は。」の音楽を手掛けるロックバンド「RADWIMPS」を“紅白濃厚”と報じているが、非常にあいまいな報道だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る