東映「キセキ」 “1.28封切り戦争”興収圧勝の原動力は

公開日:

「通常、大手各社はうまく公開日をずらしているが、ここまで競合した例は近年あまりなかった」(ベテラン映画ライター)

 1月28日の公開作品で大手各社の“興行戦争”が勃発した。東宝は阿部寛と天海祐希のダブル主演で、人気脚本家の遊川和彦氏が初監督を務めた「恋妻家宮本」。松竹は直木賞作家・黒川博行氏の人気シリーズを映画化し、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕がダブル主演した「破門 ふたりのヤクビョーガミ」。東映は人気ボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描いた青春ドラマ「キセキ―あの日のソビト―」。各社とも作品をそれぞれ同日公開にぶつけた。

 その結果、1月28日と29日の全国週末興行成績(興行通信社発表)は「キセキ」が2位、4位が「恋妻家」、5位が「破門」。動員と興行成績は東映の「キセキ」がほかの2作にダブルスコア以上の差をつけ圧勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る