日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

櫻井翔主演ドラマは大コケ…嵐でSMAPの穴は埋まるのか?

 SMAPが解散したことで名実ともにジャニーズ事務所の看板を背負うことになったのが嵐の5人。しかし、新春早々、フジテレビ系で櫻井翔(35)の主演ドラマ「君に捧げるエンブレム」が平均視聴率8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわなかったため暗雲が立ち込めているという。

「ジャニーズ事務所は今年、嵐をもう1ステップ上に行かせるため個々の活動に力を入れる戦略。櫻井のドラマで幸先のいいスタートを切るはずだったが、演じた元Jリーガーの車いすバスケットボール選手がまったく馴染んでおらず、ファンすら見なかったようです」(テレビ関係者)

 ジャニーズの大看板を背負うことになった嵐が比較されるのは当然、SMAP。SMAPの冠バラエティー番組「SMAP×SMAP」は解散のため20年8カ月で幕を閉じたが、テレビ史に残る長寿番組に。対する嵐の冠レギュラー番組は視聴率が振るわないと改編やリニューアルを重ね、現在放送中なのが「VS嵐」(フジテレビ系)と「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の2本。「嵐に――」は4月から放送時間が現在の土曜午後10時から午後9時への変更が発表された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事