• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岡田准一、木村拓哉も…日本アカデミー賞最優秀賞に異聞

 3月3日に都内で授賞式が開催される「第40回日本アカデミー賞」。先日、最優秀賞の候補者となる各部門の5作品・5人の受賞者が発表されたが、最多は監督賞(李相日)、優秀主演女優賞(宮崎あおい)、優秀助演男優賞(妻夫木聡・森山未來)、優秀助演女優賞(広瀬すず)など11部門で獲得した「怒り」。しかし、主演の渡辺謙は優秀主演男優賞を受賞できず。これに関して映画関係者の間ではこんな声が上がっている。

「優秀主演男優賞にノミネートされたのは綾野剛、岡田准一、佐藤浩市、長谷川博己、松山ケンイチの5人。この中で、岡田は大ヒット主演作『永遠の0』のチームが再結集した『海賊とよばれた男』に主演しているものの評価はイマイチ。それでも選ばれたため、『最優秀主演男優賞は今後、ジャニーズ枠になるのでは』と危惧され始めている」(映画業界関係者)

 ジャニーズ事務所は以前は賞レースを辞退してきたが、一昨年から解禁。その途端に岡田が最優秀主演男優賞(「永遠の0」)と最優秀助演男優賞(「蜩ノ記」)をダブル受賞。昨年は吉永小百合が主演した映画「母と暮せば」で助演だった嵐の二宮和也がなぜか優秀主演男優賞にノミネートされ最優秀賞の栄冠を手にした。今年、岡田が受賞すればジャニーズが3連覇となるが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る