シタタカ朴大統領 「弾劾棄却なら復職」の逆転シナリオ

公開日:

 6日に公表された韓国の次期大統領選挙の世論調査で、断トツの1番人気に躍り出た野党「共に民主党」の文在寅前代表(64)。

 韓国国内では早くも文大統領誕生が囁かれ始めたが、大統領選が行われるのは、あくまで職務停止中の朴槿恵大統領の弾劾が憲法裁判所で成立した場合の話である。韓国の大統領は任期5年で再選はない。その分、身分は手厚く保障されていて大統領職を奪うにはよほどの「中身」が必要だ。

 2004年に当時の盧武鉉大統領に対して行われた韓国史上初の弾劾審判でも、憲法裁判所は「違法行為はあったが、罷免しかないというほど重大ではない」と棄却している。容疑の白黒とは別に、辞任に値するか判断されるわけだ。現在の憲法裁判所の裁判官は8人で、弾劾成立には6人が必要。ビミョーな数だ。

「コリア・レポート」編集長の辺真一氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る