弾劾可決は台本通り…朴大統領の不可解行動に“暗殺恐怖”

公開日:

 韓国を大揺れさせている「崔順実ゲート事件」をめぐる2日目の国会聴聞会が7日開かれたが、初日に続いて肩透かしで終わった。国政介入疑惑の核心である崔順実ファミリーは姪を除き欠席。朴槿恵大統領に対する国民の怒りがまた増幅された。国会に発議された弾劾訴追案の採決が9日に迫っている。世論に押された与党の非朴派議員も賛成に回る公算で、可決は避けられない情勢だ。

 韓国事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏は「朴大統領は弾劾可決を織り込み済みだった。意気消沈どころか、むしろシナリオ通りにコトが運んでいるといえる」とこう続ける。

「朴大統領の目的は一貫して『延命』です。一日でも長く、青瓦台(大統領府)に居座りたいのです。権力にしがみついているからではなく、『暗殺恐怖』にとりつかれていると聞きます。そのために何重にも予防線を張ってきた。両親を暗殺され、遊説中に暴漢から顔を切り付けられた経験のある朴大統領は、もともと国民との身近な接触をあまり好んでいない。それがこの状況で辞職を受け入れたら、跳ねっ返りに命を狙われかねない。逮捕されて拘置所入りしても、安全が確保されるとは断言できません。弾劾案が可決されれば、憲法裁判所の判断が下るまで最長180日間は時間を稼げる。大統領の職務権限は停止されますが、少なくともその間は青瓦台で暮らすことができるという算段です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る