客離れ心配な阪神 「掛布1軍」の“特効薬”使えない理由

公開日: 更新日:

■掛布は傷モノにしたくない

 阪神が最後に日本一になったのは吉田監督時代の85年。そのメンバーが監督候補からいなくなれば、次は03、05年のVメンバーまで若返る。矢野、金本、赤星、下柳、広沢、桧山といった連中が監督やコーチになる。世代がそこまで若返れば、掛布DCが監督になることはない。

「中村GMはその前に、どうしても掛布を監督にしたい。掛布の金銭トラブルを懸念する声もあったため、とりあえずDCという形で若手の育成を頼み、世間の反応を見た。ファンの間で掛布監督待望論は高まる一方ですから、和田監督の次は掛布で決まり。傷がつかないDCのまま動かせません」(前出のOB)

 阪神は2010年を最後に観客300万人を達成していない。和田監督になってからは280万人にも届いていない。再び大台に乗せるのは掛布監督誕生のシーズンか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る