データではBクラスほぼ確定…阪神を待ち受ける“負の連鎖”

公開日: 更新日:

「最下位50%、Bクラス85%」――これは、2000年から昨年までの14年間、オープン戦で最下位になったチームの公式戦の結果である。

 最下位に沈んだのは7回(02年、03年オリックス、04年横浜=現DeNA、05年広島、07年オリックス、10年、11年横浜)、Bクラスは12回に及ぶ。昨年最下位だった中日は4位、一昨年(12年)最下位の阪神は5位に終わった。

 もちろん、オープン戦が好成績であっても、シーズンで勝てないケースはある。とはいえ、同様に昨年までの過去14年間のオープン戦優勝チームの成績を見ると、Aクラス入りが8回で、最下位はゼロ。差は歴然だ。

■「昨季2位」からくる気の緩み?

 そこで阪神である。16日の西武戦も得点力不足に泣き、わずか1得点。和田監督は「個人が上がってこないとチームの雰囲気も盛り上がらない」と顔を曇らせている。オープン戦はここまで1勝8敗3分け。ヤクルトと並んで最下位の体たらくだ。先日の球団激励会で坂井オーナーが「非常に危機感を持っております」と言って募らせている不安は、解消されそうにない。評論家の山崎裕之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る