データではBクラスほぼ確定…阪神を待ち受ける“負の連鎖”

公開日: 更新日:

「最下位50%、Bクラス85%」――これは、2000年から昨年までの14年間、オープン戦で最下位になったチームの公式戦の結果である。

 最下位に沈んだのは7回(02年、03年オリックス、04年横浜=現DeNA、05年広島、07年オリックス、10年、11年横浜)、Bクラスは12回に及ぶ。昨年最下位だった中日は4位、一昨年(12年)最下位の阪神は5位に終わった。

 もちろん、オープン戦が好成績であっても、シーズンで勝てないケースはある。とはいえ、同様に昨年までの過去14年間のオープン戦優勝チームの成績を見ると、Aクラス入りが8回で、最下位はゼロ。差は歴然だ。

■「昨季2位」からくる気の緩み?

 そこで阪神である。16日の西武戦も得点力不足に泣き、わずか1得点。和田監督は「個人が上がってこないとチームの雰囲気も盛り上がらない」と顔を曇らせている。オープン戦はここまで1勝8敗3分け。ヤクルトと並んで最下位の体たらくだ。先日の球団激励会で坂井オーナーが「非常に危機感を持っております」と言って募らせている不安は、解消されそうにない。評論家の山崎裕之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る