打率最低、オープン戦3勝の阪神 救いは巨人より上の防御率

公開日:  更新日:

「オープン戦なんて調整試合。気にすることはないね」

 こう言って笑い飛ばせるファンは皆無だろう。

 阪神は最終戦もオリックスからわずか1得点。オープン戦3勝10敗3分けの11位という順位より、ファンが心配なのは2割3分2厘という、12球団最低のチーム打率だろう。

 この日(23日)は西岡、マートン、福留らの主力にヒットは出たものの、和田監督は「打線が線になっていない」とおかんむり。貧打解消として期待されている新助っ人ゴメスは2試合連続の4タコで3三振。打率.143では4番どころか、スタメン起用も無理だ。

 開幕カードで当たる巨人はオープン戦11勝5敗1分けの3位。打率も12球団2位の.284。80得点は16試合の阪神(41得点)より1試合多いとはいえ、ほぼ倍である。強打のチームは「調整試合」でもしっかり結果を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る