日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率最低、オープン戦3勝の阪神 救いは巨人より上の防御率

「オープン戦なんて調整試合。気にすることはないね」

 こう言って笑い飛ばせるファンは皆無だろう。

 阪神は最終戦もオリックスからわずか1得点。オープン戦3勝10敗3分けの11位という順位より、ファンが心配なのは2割3分2厘という、12球団最低のチーム打率だろう。

 この日(23日)は西岡、マートン、福留らの主力にヒットは出たものの、和田監督は「打線が線になっていない」とおかんむり。貧打解消として期待されている新助っ人ゴメスは2試合連続の4タコで3三振。打率.143では4番どころか、スタメン起用も無理だ。

 開幕カードで当たる巨人はオープン戦11勝5敗1分けの3位。打率も12球団2位の.284。80得点は16試合の阪神(41得点)より1試合多いとはいえ、ほぼ倍である。強打のチームは「調整試合」でもしっかり結果を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事