• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率最低、オープン戦3勝の阪神 救いは巨人より上の防御率

「オープン戦なんて調整試合。気にすることはないね」

 こう言って笑い飛ばせるファンは皆無だろう。

 阪神は最終戦もオリックスからわずか1得点。オープン戦3勝10敗3分けの11位という順位より、ファンが心配なのは2割3分2厘という、12球団最低のチーム打率だろう。

 この日(23日)は西岡、マートン、福留らの主力にヒットは出たものの、和田監督は「打線が線になっていない」とおかんむり。貧打解消として期待されている新助っ人ゴメスは2試合連続の4タコで3三振。打率.143では4番どころか、スタメン起用も無理だ。

 開幕カードで当たる巨人はオープン戦11勝5敗1分けの3位。打率も12球団2位の.284。80得点は16試合の阪神(41得点)より1試合多いとはいえ、ほぼ倍である。強打のチームは「調整試合」でもしっかり結果を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る