もうストーブリーグ? ゴジラも首かしげる阪神の体たらく

公開日:  更新日:

 原辰徳監督(55)の顔には、“今年の阪神は相手じゃない”と書いてあった。12―4で大勝した28日の阪神戦後、「先行されたけどいい勝ち方でしたね。全員で戦う環境になったのは良かったんじゃないかな」と余裕綽々(しゃくしゃく)で振り返った。

 そりゃ、そうだ。三回表を終わって0―4。オープン戦で打率1割台、打点も本塁打もゼロだった阪神4番の新助っ人ゴメスに2点適時打を浴びるなど、序盤の流れは相手につかまれた。が、その流れを向こうが自ら手放してくれるのだから、ラクなものである。

 直後の三回裏。阪神先発の能見が突然、それも2死から崩れる。4連打で3失点。四回には、打撃絶不調の1番・坂本にバックスクリーン左に同点ソロを献上、五回2死一、二塁からは開幕初スタメンの8番・橋本に右中間に2点適時二塁打を打たせる気前の良さだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る