もうストーブリーグ? ゴジラも首かしげる阪神の体たらく

公開日: 更新日:

 原辰徳監督(55)の顔には、“今年の阪神は相手じゃない”と書いてあった。12―4で大勝した28日の阪神戦後、「先行されたけどいい勝ち方でしたね。全員で戦う環境になったのは良かったんじゃないかな」と余裕綽々(しゃくしゃく)で振り返った。

 そりゃ、そうだ。三回表を終わって0―4。オープン戦で打率1割台、打点も本塁打もゼロだった阪神4番の新助っ人ゴメスに2点適時打を浴びるなど、序盤の流れは相手につかまれた。が、その流れを向こうが自ら手放してくれるのだから、ラクなものである。

 直後の三回裏。阪神先発の能見が突然、それも2死から崩れる。4連打で3失点。四回には、打撃絶不調の1番・坂本にバックスクリーン左に同点ソロを献上、五回2死一、二塁からは開幕初スタメンの8番・橋本に右中間に2点適時二塁打を打たせる気前の良さだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る