日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

もうストーブリーグ? ゴジラも首かしげる阪神の体たらく

 原辰徳監督(55)の顔には、“今年の阪神は相手じゃない”と書いてあった。12―4で大勝した28日の阪神戦後、「先行されたけどいい勝ち方でしたね。全員で戦う環境になったのは良かったんじゃないかな」と余裕綽々(しゃくしゃく)で振り返った。

 そりゃ、そうだ。三回表を終わって0―4。オープン戦で打率1割台、打点も本塁打もゼロだった阪神4番の新助っ人ゴメスに2点適時打を浴びるなど、序盤の流れは相手につかまれた。が、その流れを向こうが自ら手放してくれるのだから、ラクなものである。

 直後の三回裏。阪神先発の能見が突然、それも2死から崩れる。4連打で3失点。四回には、打撃絶不調の1番・坂本にバックスクリーン左に同点ソロを献上、五回2死一、二塁からは開幕初スタメンの8番・橋本に右中間に2点適時二塁打を打たせる気前の良さだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事