阪神・掛布DCに和田監督もマスコミもメロメロ

公開日: 更新日:

 やっぱり存在感はケタ違いである。25年ぶりに阪神に復帰した掛布GM付育成&打撃コーディネーター(DC)のことだ。

 連日、関西マスコミは掛布DCの指導、発言で賑わっている。2日にスタートした秋季キャンプに合流するや、身ぶり手ぶりで選手を指導。8年目の新井良を「小ミスター」、6年目の森田を「小バース」と名づけたかと思えば、現役時代の背番号「31」についても、「(同じ)左打者の方が合うのかな」とした上で、1年目の緒方について「非常に目に付く選手」と話すと、翌日のスポーツ紙は1面でデカデカと報じた。

 昨オフの阪神は、ドラフト藤浪晋太郎を4球団の1位指名競合の末に獲得。FAでは西岡、福留を獲得して話題満載だったが、今オフは至って地味。掛布DCの「阪神復帰」が唯一にして最大の目玉になっている。

「久しぶりの復帰ですから、まだまだ遠慮はあるでしょう。このキャンプでは選手を褒めることが主で、評論家時代のような厳しい指摘はほとんどありません。それでも若い選手に声をかけたり、何をやっても絵になる。報道陣には懇切丁寧に取材に応じてくれています。囲み取材は20分に及ぶこともあるし、休日はホテルで1時間近くも熱弁を振るった。コメントが多くて、取材のメモ帳が足りなくなるくらい。話題がない中で、本当にありがたい話です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る