阪神の営業センスが問われる「掛布DC」の生かし方

公開日:  更新日:

 もったいない話だ。阪神の掛布DC(GM付育成&打撃コーディネーター)が来春、二軍キャンプに帯同するという。

 25年ぶりに復帰した掛布DCは、20日で打ち上げた秋季キャンプで話題を独占した。選手への指導、コメントなど一挙手一投足がデカデカとテレビ、新聞に取り上げられた。19日には復帰後初のノックも披露。和田監督ら現首脳陣の存在がかすむほどだった。

 選手からの指導の評判も上々だ。「ミスタータイガース」の身ぶり手ぶりの指導に、目を輝かせて聞き入る若手が多かった。2年目の伊藤隼には夜間にマンツーマンで個別特訓も行ったという。オフの話題に乏しい阪神にとって、“掛布効果”は絶大だったといえる。

「こうなったら、カケに一軍でしかるべきポジションを与えるべき」
 とは、古株の阪神OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る