巨人今日にも胴上げ “MVP”は貯金献上リーグ最多の中日

公開日:  更新日:

 かつての宿敵の面影はもうない。巨人の原監督(56)が「中日戦で活躍できない者は巨人のレギュラーとして認めない!」と選手にゲキを飛ばしていたのは、落合監督(現GM)が指揮を執っていた時代。10年に11連敗を喫したナゴヤドームは「鬼門」とされた。投手力を中心としたスキのない野球が、原巨人を苦しめていたが、今の中日は巨人の一番のお得意さまだ。

 24日の巨人戦は、今季を象徴する戦いぶりで自滅した。まずは拙攻だ。初回から4イニング連続の併殺。「調子が良くなかった」と言う巨人先発の菅野を“援護”すると、七回には信じられない判断ミスが飛び出した。

 1点差に迫り、なお1死二、三塁から、ルナの右飛でタッチアップした三走・森野が何を思ったか途中で帰塁。戻り切れずにタッチアウトとなり、同点機がフイになった。これで計5併殺。その上、まずい守備でも足を引っ張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る