巨人今日にも胴上げ “MVP”は貯金献上リーグ最多の中日

公開日:  更新日:

 かつての宿敵の面影はもうない。巨人の原監督(56)が「中日戦で活躍できない者は巨人のレギュラーとして認めない!」と選手にゲキを飛ばしていたのは、落合監督(現GM)が指揮を執っていた時代。10年に11連敗を喫したナゴヤドームは「鬼門」とされた。投手力を中心としたスキのない野球が、原巨人を苦しめていたが、今の中日は巨人の一番のお得意さまだ。

 24日の巨人戦は、今季を象徴する戦いぶりで自滅した。まずは拙攻だ。初回から4イニング連続の併殺。「調子が良くなかった」と言う巨人先発の菅野を“援護”すると、七回には信じられない判断ミスが飛び出した。

 1点差に迫り、なお1死二、三塁から、ルナの右飛でタッチアップした三走・森野が何を思ったか途中で帰塁。戻り切れずにタッチアウトとなり、同点機がフイになった。これで計5併殺。その上、まずい守備でも足を引っ張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る