巨人今日にも胴上げ “MVP”は貯金献上リーグ最多の中日

公開日: 更新日:

 かつての宿敵の面影はもうない。巨人の原監督(56)が「中日戦で活躍できない者は巨人のレギュラーとして認めない!」と選手にゲキを飛ばしていたのは、落合監督(現GM)が指揮を執っていた時代。10年に11連敗を喫したナゴヤドームは「鬼門」とされた。投手力を中心としたスキのない野球が、原巨人を苦しめていたが、今の中日は巨人の一番のお得意さまだ。

 24日の巨人戦は、今季を象徴する戦いぶりで自滅した。まずは拙攻だ。初回から4イニング連続の併殺。「調子が良くなかった」と言う巨人先発の菅野を“援護”すると、七回には信じられない判断ミスが飛び出した。

 1点差に迫り、なお1死二、三塁から、ルナの右飛でタッチアップした三走・森野が何を思ったか途中で帰塁。戻り切れずにタッチアウトとなり、同点機がフイになった。これで計5併殺。その上、まずい守備でも足を引っ張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る