「打順固定されれば…」 原采配の“被害者”巨人村田が苦悩吐露

公開日: 更新日:

 巨人の開幕4番を務めた男にとっては苦しいシーズンになった。昨季は8月にリーグ新記録の月間46安打をマークするなど、チームトップの打率.316。オフには新たに3年総額10億円の大型契約を結び、巨人では移籍組初の選手会長に就任した。が、今季は打率.254と下位に低迷したまま。打順は一時、8番にまで降格した。悩める主砲を直撃した。

――昨年は途中から打ちまくって打率を3割に乗せたが、今年はなかなか数字が上がってきません。

「そうですね。今年はずっと悩みながらやっています。去年は特に後半にいい状態が長く続いたけど、今年は『今いいな』と思っても、それが何日かで終わってしまう。まず(好調が)1週間は持たないんです」

――昨年はグリップの位置を下げてから調子が上向きました。今年はなぜダメなんですか? 今年も打撃フォームを改造しましたか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る