代打逆転弾の巨人・大田に「ラグビー日本代表」の誘いあった

公開日: 更新日:

 広島もよもや、この男に息の根を止められるとは思わなかったろう。

 首位攻防にふさわしいシーソーゲームとなった17日の広島─巨人戦。巨人が3度目の勝ち越しを許した直後の八回無死一塁で代打に登場した大田泰示(24)が左翼スタンドに逆転の2点本塁打をぶち込んだものだから、広島はもちろん、巨人ナインもビックリだった。

「今までこういう試合でこういう打撃をしたことがなかったので。すごくうれしいです」

 試合後、こわばった表情でこう言った大田は、08年のドラフト1位で巨人に入団。高校通算65本塁打の大砲に背番号55が用意され、「ゴジラ2世」と首脳陣の期待を一身に集めた。だが、入団5年目の昨季まで一軍では59試合の出場で打率.197、2本塁打、12打点。オフに背番号55を剥奪され、44に変更して心機一転した今季も29試合で.219、0本塁打、1打点。母校・東海大相模の先輩でもある原監督にすら、サジを投げかけられていた。

 クビも時間の問題、といわれたそんな大田に、実は意外な人物が目をつけていた。ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感