代打逆転弾の巨人・大田に「ラグビー日本代表」の誘いあった

公開日: 更新日:

 広島もよもや、この男に息の根を止められるとは思わなかったろう。

 首位攻防にふさわしいシーソーゲームとなった17日の広島─巨人戦。巨人が3度目の勝ち越しを許した直後の八回無死一塁で代打に登場した大田泰示(24)が左翼スタンドに逆転の2点本塁打をぶち込んだものだから、広島はもちろん、巨人ナインもビックリだった。

「今までこういう試合でこういう打撃をしたことがなかったので。すごくうれしいです」

 試合後、こわばった表情でこう言った大田は、08年のドラフト1位で巨人に入団。高校通算65本塁打の大砲に背番号55が用意され、「ゴジラ2世」と首脳陣の期待を一身に集めた。だが、入団5年目の昨季まで一軍では59試合の出場で打率.197、2本塁打、12打点。オフに背番号55を剥奪され、44に変更して心機一転した今季も29試合で.219、0本塁打、1打点。母校・東海大相模の先輩でもある原監督にすら、サジを投げかけられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る