代打逆転弾の巨人・大田に「ラグビー日本代表」の誘いあった

公開日: 更新日:

 広島もよもや、この男に息の根を止められるとは思わなかったろう。

 首位攻防にふさわしいシーソーゲームとなった17日の広島─巨人戦。巨人が3度目の勝ち越しを許した直後の八回無死一塁で代打に登場した大田泰示(24)が左翼スタンドに逆転の2点本塁打をぶち込んだものだから、広島はもちろん、巨人ナインもビックリだった。

「今までこういう試合でこういう打撃をしたことがなかったので。すごくうれしいです」

 試合後、こわばった表情でこう言った大田は、08年のドラフト1位で巨人に入団。高校通算65本塁打の大砲に背番号55が用意され、「ゴジラ2世」と首脳陣の期待を一身に集めた。だが、入団5年目の昨季まで一軍では59試合の出場で打率.197、2本塁打、12打点。オフに背番号55を剥奪され、44に変更して心機一転した今季も29試合で.219、0本塁打、1打点。母校・東海大相模の先輩でもある原監督にすら、サジを投げかけられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか