巨人M4立役者・長野 軽妙「ささやき作戦」でもチームに貢献

公開日:  更新日:

「ヒザ、まだ痛いっス」

 巨人の長野久義(29)は先週、広島でこう漏らしていた。先月21日のヤクルト戦で守備の際に右ヒザを負傷。球団関係者は「並の選手なら1カ月以上はかかる大ケガ」と言うが、登録抹消はせず、ベンチに入り続けた。まだ完治はしていないものの、「痛い」という本人の言葉とは裏腹に、驚異的な回復力で相手チームを驚かせていた。広島の選手がこう言うのだ。

「事前の話では、長野さんはまだ全力で走れないということだった。それが、ゲッツーになりそうな時に全力疾走していたから、みんな驚いた。しかも打ちまくっているでしょう。あの人は人間じゃありませんよ」

 手負いなのに打率をグングン上げている。昨23日の中日戦の五回、勝ち越しの2点適時打を左前へ放ち、これが決勝打となった。交流戦の頃は一時、2割5分台にまで落ち込んだ打率は・298。原監督が重視する得点圏打率もチームトップの・356。リーグワーストこそ脱したものの、チーム打率・256にあえぐ打線の中で、最も頼りになる男なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る