巨人M4立役者・長野 軽妙「ささやき作戦」でもチームに貢献

公開日: 更新日:

「ヒザ、まだ痛いっス」

 巨人長野久義(29)は先週、広島でこう漏らしていた。先月21日のヤクルト戦で守備の際に右ヒザを負傷。球団関係者は「並の選手なら1カ月以上はかかる大ケガ」と言うが、登録抹消はせず、ベンチに入り続けた。まだ完治はしていないものの、「痛い」という本人の言葉とは裏腹に、驚異的な回復力で相手チームを驚かせていた。広島の選手がこう言うのだ。

「事前の話では、長野さんはまだ全力で走れないということだった。それが、ゲッツーになりそうな時に全力疾走していたから、みんな驚いた。しかも打ちまくっているでしょう。あの人は人間じゃありませんよ」

 手負いなのに打率をグングン上げている。昨23日の中日戦の五回、勝ち越しの2点適時打を左前へ放ち、これが決勝打となった。交流戦の頃は一時、2割5分台にまで落ち込んだ打率は・298。原監督が重視する得点圏打率もチームトップの・356。リーグワーストこそ脱したものの、チーム打率・256にあえぐ打線の中で、最も頼りになる男なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る