巨人M4立役者・長野 軽妙「ささやき作戦」でもチームに貢献

公開日:  更新日:

「ヒザ、まだ痛いっス」

 巨人の長野久義(29)は先週、広島でこう漏らしていた。先月21日のヤクルト戦で守備の際に右ヒザを負傷。球団関係者は「並の選手なら1カ月以上はかかる大ケガ」と言うが、登録抹消はせず、ベンチに入り続けた。まだ完治はしていないものの、「痛い」という本人の言葉とは裏腹に、驚異的な回復力で相手チームを驚かせていた。広島の選手がこう言うのだ。

「事前の話では、長野さんはまだ全力で走れないということだった。それが、ゲッツーになりそうな時に全力疾走していたから、みんな驚いた。しかも打ちまくっているでしょう。あの人は人間じゃありませんよ」

 手負いなのに打率をグングン上げている。昨23日の中日戦の五回、勝ち越しの2点適時打を左前へ放ち、これが決勝打となった。交流戦の頃は一時、2割5分台にまで落ち込んだ打率は・298。原監督が重視する得点圏打率もチームトップの・356。リーグワーストこそ脱したものの、チーム打率・256にあえぐ打線の中で、最も頼りになる男なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る