巨人CSへ不安材料 守護神マシソンの“代役”に沢村急浮上

公開日:  更新日:

 4時間10分の長い試合を演出したのは巨人の守護神だった。21日のヤクルト戦で、抑えのスコット・マシソン(30)が、2点リードの九回に登板。先頭の相川にいきなり二塁打され、四球と暴投でピンチを広げると、1死二、三塁から遊ゴロの間に1失点。2死三塁から川端に中前打を浴びて同点とされ、試合をもつれさせた。

 結局、延長十一回の末、6-7で巨人が敗戦。原監督は「(九回に)2点取られたのが現実」と突き放した。29セーブ目を挙げた前日も同じような内容で、「もっとすんなりいきたいけど、いかないな」と苦言を呈していた。

 防御率は3.66。これはセ・リーグの守護神の中で最も悪い。マジックは5のまま。リーグ優勝目前とはいえ、短期決戦のCS、日本シリースを見据えると、不安定な守護神は命取りになる。

■CSの先発争いで沢村は5番手

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

もっと見る