巨人CSへ不安材料 守護神マシソンの“代役”に沢村急浮上

公開日:  更新日:

 4時間10分の長い試合を演出したのは巨人の守護神だった。21日のヤクルト戦で、抑えのスコット・マシソン(30)が、2点リードの九回に登板。先頭の相川にいきなり二塁打され、四球と暴投でピンチを広げると、1死二、三塁から遊ゴロの間に1失点。2死三塁から川端に中前打を浴びて同点とされ、試合をもつれさせた。

 結局、延長十一回の末、6-7で巨人が敗戦。原監督は「(九回に)2点取られたのが現実」と突き放した。29セーブ目を挙げた前日も同じような内容で、「もっとすんなりいきたいけど、いかないな」と苦言を呈していた。

 防御率は3.66。これはセ・リーグの守護神の中で最も悪い。マジックは5のまま。リーグ優勝目前とはいえ、短期決戦のCS、日本シリースを見据えると、不安定な守護神は命取りになる。

■CSの先発争いで沢村は5番手

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る