木更津総合 初Vの秘訣は豊富な練習量とグラウンドの緊張感

公開日:  更新日:

 去る5日、秋季関東大会決勝が行われ、木更津総合(千葉)が延長十三回、サヨナラで常総学院(茨城)を破り初優勝を決めた。

 エースの早川はプロ注目の142キロ左腕。決勝では投げなかったが、準々決勝(夏の甲子園8強の花咲徳栄戦)では同じドラフト候補左腕・高橋との投げ合いを制して1失点完投勝利。続く準決勝はもうひとりの左腕・武田が東海大甲府の強力打線を完封した。千葉県の高校野球関係者が語る。

「木更津総合は練習量が豊富。朝練があって、平日は午後3時から照明をつけて夜の9時くらいまでみっちりやる。五島監督は今どき珍しい厳しい指導者。グラウンドには怒鳴り声が響いていて緊張感がある。木更津、君津、袖ケ浦などの周辺地域は少年野球や中学の硬式チームのレベルが高い。社会人・新日鉄君津出身の指導者が教えたりしていることも地域の強化に一役買っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る