木更津総合 初Vの秘訣は豊富な練習量とグラウンドの緊張感

公開日:  更新日:

 去る5日、秋季関東大会決勝が行われ、木更津総合(千葉)が延長十三回、サヨナラで常総学院(茨城)を破り初優勝を決めた。

 エースの早川はプロ注目の142キロ左腕。決勝では投げなかったが、準々決勝(夏の甲子園8強の花咲徳栄戦)では同じドラフト候補左腕・高橋との投げ合いを制して1失点完投勝利。続く準決勝はもうひとりの左腕・武田が東海大甲府の強力打線を完封した。千葉県の高校野球関係者が語る。

「木更津総合は練習量が豊富。朝練があって、平日は午後3時から照明をつけて夜の9時くらいまでみっちりやる。五島監督は今どき珍しい厳しい指導者。グラウンドには怒鳴り声が響いていて緊張感がある。木更津、君津、袖ケ浦などの周辺地域は少年野球や中学の硬式チームのレベルが高い。社会人・新日鉄君津出身の指導者が教えたりしていることも地域の強化に一役買っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る