センバツ絶望的の早実・清宮 “特例”で滑り込み出場の怪情報

公開日:  更新日:

 フツーに考えれば、来春のセンバツ出場は「絶望的」だ。

 1年生スラッガーの清宮幸太郎擁する早実が昨12日、秋季東京都大会2回戦で二松学舎大付に延長十回、1―2でサヨナラ負け。「3番一塁」で出場した清宮は先制適時打を含む2安打1打点と気を吐いたものの、打線は甲子園出場経験のある二松学舎大付の左腕・大江に12三振を喫するなど精彩を欠いた。

 秋の都大会の成績は翌年の春のセンバツ出場校を選ぶ際の重要な資料となる。

 通常の出場枠は東京と関東を合わせて6校。東京は都大会の優勝校、もしくは準優勝校が選考対象になるのが通例だ。

 2回戦敗退は明らかに対象外で、敗戦後の清宮自身も、「(高校時代に甲子園に)5度出るというひとつの目標は遠のいたけど、レベルアップして戻ってきたい」と話している。スポーツマスコミがセンバツ出場を「絶望的」と報じるのも、常識で考えれば当然かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る