• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

センバツ絶望的の早実・清宮 “特例”で滑り込み出場の怪情報

 フツーに考えれば、来春のセンバツ出場は「絶望的」だ。

 1年生スラッガーの清宮幸太郎擁する早実が昨12日、秋季東京都大会2回戦で二松学舎大付に延長十回、1―2でサヨナラ負け。「3番一塁」で出場した清宮は先制適時打を含む2安打1打点と気を吐いたものの、打線は甲子園出場経験のある二松学舎大付の左腕・大江に12三振を喫するなど精彩を欠いた。

 秋の都大会の成績は翌年の春のセンバツ出場校を選ぶ際の重要な資料となる。

 通常の出場枠は東京と関東を合わせて6校。東京は都大会の優勝校、もしくは準優勝校が選考対象になるのが通例だ。

 2回戦敗退は明らかに対象外で、敗戦後の清宮自身も、「(高校時代に甲子園に)5度出るというひとつの目標は遠のいたけど、レベルアップして戻ってきたい」と話している。スポーツマスコミがセンバツ出場を「絶望的」と報じるのも、常識で考えれば当然かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る