日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人以外は東海大? ドラ1候補小笠原に他球団から危惧の声

「夏の甲子園に比べて調子が良くない中、悪いなりにも、ほぼストレートとチェンジアップだけで抑えられるということを証明したね」

 ネット裏のスカウトが夏の甲子園優勝投手で最速152キロ左腕の小笠原慎之介をこう評価した。

 30日の豪州戦では6回を3安打1失点、9奪三振。中日の中田スカウト部長が「1位は揺るぎないでしょう」と話すなど、今秋ドラフトで複数球団の1位入札が競合する可能性は高い。

 中でも小笠原を高く評価しているのが巨人。東海大相模出身の原監督の後輩で、内海、杉内といったこれまでチームを支えてきた左腕が揃って下り坂にいる投手事情を考えれば、喉から手が出るほど欲しい人材であるのは間違いない。

 それだけに、同様に小笠原を狙っているライバル球団の関係者からはこんな声も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事