一度やるとやめられず? 高校野球「強豪校監督」の“旨み”とは

公開日: 更新日:

 結局、元のさやに収まった。

 26日、智弁和歌山の高嶋仁監督(69)が正式に続投を表明。今夏の甲子園初戦で初出場の津商に敗れた後、体調不良もあって「学校に辞意を申し入れる」と話していた。それが一転して続投だ。高嶋監督が「5年も10年もやらないよ」と言うように、直近の大会で3回連続甲子園初戦敗退のチームを立て直すのが目的だろう。

 高嶋監督自身に悪いウワサはないが、中には私利私欲のために強豪校の監督のイスにしがみついている者もいる。プロのスカウトが言う。

「甲子園に何度も出場している私立校の監督は、他校から引き抜きの誘いを受けた際、『オレを使いたきゃ1000万円用意しろ!』と言い放ったそうです。その監督は教員免許のない、雇われの専任監督です」

 学校側も甲子園に出場すれば宣伝になるため、野球しか能のない監督たちを厚遇し、チヤホヤする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る