一度やるとやめられず? 高校野球「強豪校監督」の“旨み”とは

公開日:  更新日:

 結局、元のさやに収まった。

 26日、智弁和歌山の高嶋仁監督(69)が正式に続投を表明。今夏の甲子園初戦で初出場の津商に敗れた後、体調不良もあって「学校に辞意を申し入れる」と話していた。それが一転して続投だ。高嶋監督が「5年も10年もやらないよ」と言うように、直近の大会で3回連続甲子園初戦敗退のチームを立て直すのが目的だろう。

 高嶋監督自身に悪いウワサはないが、中には私利私欲のために強豪校の監督のイスにしがみついている者もいる。プロのスカウトが言う。

「甲子園に何度も出場している私立校の監督は、他校から引き抜きの誘いを受けた際、『オレを使いたきゃ1000万円用意しろ!』と言い放ったそうです。その監督は教員免許のない、雇われの専任監督です」

 学校側も甲子園に出場すれば宣伝になるため、野球しか能のない監督たちを厚遇し、チヤホヤする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る