一度やるとやめられず? 高校野球「強豪校監督」の“旨み”とは

公開日: 更新日:

 結局、元のさやに収まった。

 26日、智弁和歌山の高嶋仁監督(69)が正式に続投を表明。今夏の甲子園初戦で初出場の津商に敗れた後、体調不良もあって「学校に辞意を申し入れる」と話していた。それが一転して続投だ。高嶋監督が「5年も10年もやらないよ」と言うように、直近の大会で3回連続甲子園初戦敗退のチームを立て直すのが目的だろう。

 高嶋監督自身に悪いウワサはないが、中には私利私欲のために強豪校の監督のイスにしがみついている者もいる。プロのスカウトが言う。

「甲子園に何度も出場している私立校の監督は、他校から引き抜きの誘いを受けた際、『オレを使いたきゃ1000万円用意しろ!』と言い放ったそうです。その監督は教員免許のない、雇われの専任監督です」

 学校側も甲子園に出場すれば宣伝になるため、野球しか能のない監督たちを厚遇し、チヤホヤする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る